札幌で生きる

札幌を、遊びつくそう。

釣り初心者に、超短時間で最初の一匹を釣らせるために、小樽・南防波堤でやったこと

2018/6/20 - 小樽・・・小潮・最高気温 20℃ / 最低気温 16℃ / 海面水温 14.63℃

f:id:puredata0:20180712181314j:plain

小樽・南防波堤にて、短時間で必ず一匹キャッチせねばならぬ接待釣り

「経験はないが、釣りをしてみたい」

東京から友達が遊びに来た。いろいろと観光案内をした後、何か他にやりたいことはないかと尋ねると、「経験はないが、釣りをしてみたい」とのこと。そこで翌日の予定を変更して、札幌から余市蒸留所に行く途中で、小樽・南防波堤での釣りをはさむことにした。

ただし、小樽から余市までは公共の交通機関で行こうとすると、乗り換え時間がシビアである。今回、ベストな移動方法を考えると、防波堤の上にいられるのは移動・準備込みで40分ということになった。

こうしてはじまった、短時間で必ず一匹を釣り上げるチャレンジ。使える竿は一本だけ。これほど短い時間なら、狙いはガヤだ。珍しく誰もいない釣座にて、昼の10時頃に開始。

DAIWAフラットジャンキー、本日は不発

f:id:puredata0:20180712181805j:plain

まずは自分で、ガヤのいる場所を探り当てなければいけない。アタリがあったらすぐ友達に交代し、同じ場所に投げてルアーを通してもらう。これでおそらくは釣れるはず…!

防波堤の基部から50mほどにかまえ、DAIWAのフラットジャンキー2.5インチ(白)を投げる。いつもこのワームでガヤを釣りまくっているので、まずは小手調べだ。

 

 

5gのジグヘッドで思い切り投げ、スローリトリーブ。魚のいる場所を探るため、着水後に巻き始めるタイミングを変えることでタナを探り、それが終わると先端のほうへ少し移動して投げる。なるべく色々な領域にワームを通したい。

しばらく探りながら投げたが反応なし。15分ほど時間を使ってしまった。残りは25分、すこし本腰を入れねばならない。ここで、ガルプに切り替える。

ガルプSWパルスワーム3.2インチでヒット!

ガルプのSWパルスワームに切り替え、先ほどと同じようにタナや位置を変えて探る。

 

 

数キャストしたのち、防波堤のちょうど中間あたり、手前側でヒット。5gジグヘッドで着水後、3秒ほどカウントして巻き始めの、浅いところだ。

すぐ友人に交代して、同じ場所に投げさせる。あとはもう、一緒に竿を持ってアタリがあったら合わせさせるだけだ。さっきと同様、手前側で食ってきた!何回かバラシたが、15cmほどのチビガヤをゲット!

f:id:puredata0:20180712181838j:plain

 

その後、足元に目視できるほどガヤが群れていたので、ガルプで垂らし釣り。今度は友達にひとりでやらせてみる。アタリは多かったが釣れず。しかし、それなりに楽しんでもらえたようだ。

釣り始めたときより先端部分まで歩いてきてしまったので、予定より5分ほど早めに納竿して基部へ歩き出す。ちょうど風も強くなってきたのでいいタイミングだった。

f:id:puredata0:20180712181834j:plain

短時間で最初の一匹を狙うために必要なこと(まとめ)

本記事のタイトルは「釣り初心者に、超短時間で最初の一匹を釣らせるために、小樽・南防波堤でやったこと」であるが、まとめると下記のとおりである。

  • 短時間で一匹釣るなら、基本的にはガヤ狙い
  • 竿が一本なら、最初は自分で魚がどこにいるか探ったほうが良い
  • なるべく広い範囲を、様々な深度を狙う
  • 可能ならイソメを、それが難しければガルプやニオイ付きエサを使うべき
  • 移動しながら釣っていると、意外に先端部のほうまで行ってしまいがちなので、終わるタイミングは常に考えながら釣りする

誰かの参考になれば。

タックル

ロッド:PROX ソルトセイス SE 80/86ML (2.6m シーバスロッド)

リール:Abu Garcia Cardinal SX3000

ライン:放浪カモメ PE 1号

リーダー:サンヨーナイロン エクストラ V-500 3号

札幌のクラフトビール祭典「Sapporo Craft Beer Forest 2018」に行ってきた

f:id:puredata0:20180718174712j:plain

ちょっとだけですが、感想と写真のせます。

Sapporo Craft Beer Forest 2018 公式サイト

 

「Sapporo Craft Beer Forest 2018」ってこんなイベント

f:id:puredata0:20180718174737j:plain

ばんけいスキー場にて毎年7月に開催される、野外ビールイベント。道内はもちろん、北海道外から多数のブリュワリーがあつまる。「ばんけい」というと、とても遠い印象をもってしまうが、開催期間中は円山公園からシャトルバスが出ているため、交通の便は良い。

 

f:id:puredata0:20180718174750j:plain

開放的なシチュエーションが何よりのポイントだ。1杯500円で250ml〜300mlほど飲めるため、各種クラフトビールを楽しみたい人にはいいイベントだと思う。

各ブリュワリーが、色々なビールを時間帯ごとに繋ぎかえるので、狙っているビールがある人は長時間滞在が必要かも(樽リストは受付でもらえます)。初日には出さないけど2日目には出す、ということもあるので、本気を出すなら2日間の参加も…?

 

f:id:puredata0:20180718174803j:plain

山の中でのイベントのため、日焼け止め・虫よけは必須アイテム。芝生に座るためのレジャーシートや、簡易テーブルがあるとゆったりと楽しめる(筆者は立ち飲み・直座りで充分だと感じたが)。雨予報にだけは気をつけて!

「油そば専門店たおか」で油そば大盛を食べ、後悔する(そして、おすすめの油そばレシピ・お店を紹介する)

 

f:id:puredata0:20180525131103j:plain

油そばが好きだ。しかしながら、未だ札幌での油そばの「正解」を見つけられていない。フェイバリット油そばイン札幌を探し、油そば専門店たおか」油そば大盛(600円)を食べた。

 

これなら自分で作ったほうがいい

f:id:puredata0:20180525131100j:plain

見た目の通り、具は少なく麺は細め。盛りもそこまで大盛りというわけではない。味は、これなら家で自分で作ったほうがいいという感じだった。正直、まずくはないんだけど、おいしくはない。

さらに、こんなことまで言及したくないが、自分の丼が提供されてから店員さんがそそくさとバックヤードに戻り、昼食(まかない油そば?)をズルズルすすっていた。うーん、別にいいんだけど、そこまで大きな音で飯食われると、なんとなく、なぁ…。

以前食べた「in EZO」も評価が高い割に自分の口に合わなかったし、今回の「たおか」もネットでの評価は高い。ということは、札幌人の油そば観と自分の油そば観が乖離しているということだろうか。もうしばらく、札幌の油そばは食べなくてもいいかなぁ。

sapporo-fisherman.hatenablog.com

おれのおすすめ油そば

これだけで記事を終えては後味が悪いので、おれのおすすめする油そばのレシピ、名店を紹介する。

おすすめ油そばレシピ

基本的には下記のサイトを参考に、鰹節をミキサーで砕いたものを魚粉代わりに加えている。だし粉があれば、それを使うのもいいかもしれない。

タレ(ベーシック)の材料

オイスターソース 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
鶏ガラスープの元(中華だし) 小さじ1
ラードまたはゴマ油 大さじ1
さとう 小さじ1
酢 小さじ1

 

www.hotpepper.jp

 

麺は中太麺より太いものを、茹で上げたあと水で締めて、もう一度お湯に通して温める。

 

富士食品工業 油そばのたれ500 500g

東京・江古田駅周辺のおすすめ油そば

自分がかつて住んでいて、好んで行っていた油そばのお店について。

刻みにんにくトッピング可能で二郎系を思わせる「破顔おおびる」、それよりマイルドで正統派な桜台の「破顔」。このふたつはお気に入りだった。

らーめん破顔おおびる - 江古田/ラーメン [食べログ]

破顔 - 桜台/油そば [食べログ]

 

家系ラーメンのお店ながら、きめ細やかな調理と味に対する丁寧さで、めちゃめちゃうまい油そば「汁なし香味麺」を提供する五十三家。そして、その隣にある異色の定番店「ラハメンヤマン」の無化調油そばも見過ごせない。

五十三家 - 新桜台/ラーメン [食べログ]

ラハメン ヤマン (Yahman) - 新桜台/ラーメン [食べログ]

 

油そばに関しては、東京が恋しくなる。

 

 

北海道庁の地下食堂で、「エゾシカハンバーグ定食」を食べる

f:id:puredata0:20180416114550j:plain

札幌市役所の食堂が、あまりにも自分にとって落ち着く雰囲気だったので、これはぜひ地理的にもポジション的にも近い位置にある「北海道庁 地下食堂」にも行かねば!と決意した次第である。安くて美味しそうなメニューがたくさんあったが、ここでは興味を惹かれた「エゾシカハンバーグ定食(530円)」をオーダー。

 

f:id:puredata0:20180416114559j:plain

もともとジビエに慣れ親しんでいたこともあって、若干クセのある鹿肉の味は気にならなかった。おろしソースが美味しく、食感の柔らかいハンバーグである。わかめスープと白米も美味しい。食堂の雰囲気は、札幌市役所の食堂よりは落ち着いている。お昼時を外せば空いていて、快適なランチを楽しめるだろう。ここもまた、お気に入りの定食屋のローテーション入りとなった。

 

ジビエ 北海道特産 えぞ鹿ロース肉 冷凍1.0kg

札幌・場外市場「海鮮食堂 北のグルメ亭」で「おすすめ丼」を食べる

札幌に、東京の友達が遊びに来る。ぜひどこかの魚市場に連れていきたいのだが、二条市場にすらいったことがないので、まったく勘が働かない。そこで、下見がてら場外市場「海鮮食堂 北のグルメ亭」へ行き、「おすすめ丼(2000円)」を食べてみることにした。

外市場(中央卸売市場)までは、札幌駅から車で10分ほど。「北のグルメ亭」は超人気店なので昼時は非常に込み合うが、今回は朝早くに入店したためすぐに座ることができた。

 

f:id:puredata0:20180407172606j:plain

ドン!と中央にボタンエビを頂き、周りには八角やいくら、サーモンなどが載せられている、美しい丼である。アラ汁もついていて、これが実に嬉しい。タクシーの運転手いわく、「混んでいる店ほどネタの回転が早いため、新鮮なものを食べられる」。この言葉は間違いなかった!なかなか満足できた。

なかなか満足はできたのだが、余市など本当の漁港市場で食べる海鮮丼の旨さと安さを知っていると、「これで2,000円はちょっとだけ高いかな…。」と思ってしまう。そこまでバカ高い、観光価格というわけではないのだけど。

札幌滞在が短くて、サクッと美味しい海鮮丼を食べたいという方には自身を持って勧められる店であることは間違いない。

 

極上・札幌中央卸売市場直送生ウニ・いくら丼特撰セット【北海道海鮮グルメ・特撰北の味覚ギフト2~3人前】

札幌市役所食堂で、油淋鶏定食を食べる

f:id:puredata0:20180407172525j:plain

安心できる定食屋を探している。どうやら札幌市役所の食堂で、安く日替わりランチを食べられるらしいと聞き、早速行ってみた。

 

f:id:puredata0:20180407172535j:plain

オーダーしたのは「油淋鶏定食(430円)」。味噌汁と揚餃子がつく。揚餃子!小学校の給食で食べて以来だ。油淋鶏は「サクサク」というよりは「フワフワ」といった感じで、味はまあまあという感じだった。しかし、食堂の雰囲気がなんとも気の置けない、ざっくばらんな、大衆的な雰囲気でよかった。落ち着ける定食屋のひとつになったかもしれない。

 

役所提出できるオリジナル婚姻届け シンデレラ

 

観光客に大人気の「すみれ 札幌すすきの店」で味噌ラーメンを食べる

f:id:puredata0:20180519133609j:plain

札幌へ遊びに来た友達が、味噌ラーメンを食べたいというので、子供の頃から慣れ親しんでいた「すみれ」のすすきの店へ。注文するのは、当然「味噌ラーメン(900円)」である。

 

f:id:puredata0:20180408222150j:plain

食券を買った時点で10人待ちで、店内で座って待つ。内装はきれいで整っているが、想像よりも待ち時間が長かった印象。

味は、オーソドックス・クラシック・スタンダード・王道な味噌ラーメンという感じだ。うまい。ただ、これが900円払うほどのラーメンかと問われれば、甚だ疑問が残る。どこまでも観光向けで、「味噌ラーメンを名店で食べた」という事実にお金を払っている感覚になる。それなら、「赤星」の500円ラーメンを二杯食べたいと自分は思う。

すみれ 札幌濃厚味噌 145g × 3個