札幌で生きる

1989年に札幌で生まれ、札幌で育つ。10年間の東京住まいを経て、2018年より札幌で生活。雪と夜と山と川が美しいこの街で生きていく。

二郎欲は二郎でしか満たせない「ラーメン二郎 札幌店」

f:id:puredata0:20180225215823j:plain

桜台から札幌へ

札幌に引っ越してくる前はラーメン二郎 桜台店のすぐ近くに住んでいたため、いつでも好きなときに二郎が食べられる環境にあった。自らをジロリアンと呼ぶほどの好き者ではないが、たまにグワーーっと食べたくなるくらいには二郎好きである。

混んでいる二郎

ということで、ラーメン二郎 札幌店」に行ってみた。金曜日、開店時間の17時ジャストに着。その時点で15人ぐらい並んでいた。二郎は桜台店しか行ったことがないが、札幌店のほうが混んでいる印象。東京と違って札幌には一店舗しかないから、客が集中しているんだろうか。北海道大学や予備校がちかいため、客層が若いのも特徴かも。

列に並んでから15分〜20分ほど待って席に着く。「ラーメン(小)野菜少なめ、ニンニク多め」・700円を注文。やっぱり二郎は二郎らしく美味い。他の大盛り系ラーメンでは満たせない欲望を満たしてくれる。量は、全体的に桜台よりちょっとだけ少なめかも。自分のコンディションが良かったのかもしれないが、苦しさなくスルッと食べられた。麺がツルツル平打系でなく、ゴワゴワ麺だったらもっと好みだったが、これはこれで札幌二郎の味なのだろう。

飲み込んでから帰りたまえ

ただ、口の中に麺が入ったまま席を立ち、もぐもぐしながら店から出る人が多くて、本当にげんなりした。誰も急かしていないんだから、しっかり飲み込んで、水飲んで、口を拭いてから席を立ってほしい。汚いなぁ。

 

ラーメン二郎にまなぶ経営学